競馬情報 ラジオNIKKEI賞 を予想する

競馬情報 ラジオNIKKEI賞
【ラジオNIKKEI賞】コウセイ小回り、距離「?」

メイショウコウセイは東京マイルの前走500万を豪快に差し切ってここへ駒を進めてきた。出口助手は「前走は強かったね。3走前に芝に使い出してからまた違った面が出てきた。具合は変わりなくいい感じだよ」と好感触。福島コースについては「小回りと直線が短い点がどうか」とみている。 【ラジオNIKKEI賞】


“菊5頭出し”へ池江郎厩舎3頭攻勢…5日・ラジオNIKKEI賞
7月1日8時1分配信 スポーツ報知
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20090701-00000006-sph-horse
秋に菊花賞をにらむ池江郎3騎が賞金加算を狙う。「上手に競馬をしたものが先に来る」。イネオレオ、ロードロックスター、ウインヴェロシティを送り込む池江郎調教師がニヤリと笑った。

 真っ先に名前が挙がったのはイネオレオ。青葉賞は3着馬からタイム差なしの5着。ダービー切符にわずかに届かなかった。続く白百合Sは0秒1差の3着。この2戦は最速の上がりをマークしているが、好位で運ぶ器用さも兼備。エリザベス女王杯を制し、3歳秋に大成したリトルアマポーラの半弟と期待は大きい。

 京都新聞杯で3着に敗れてダービー出走がかなわなかったロードロックスターも、ラスト1冠に望みをつなぐ。「前走、自分からペースを作っていたら違った」。エーデルワイスSは2番手の競馬で力んで甘くなったが、1ハロン延長で粘りは増す。

 上昇度ならウインヴェロシティも負けていない。前走はカラ馬のアオリを受けながら外を大きく回って古馬相手に快勝した。「集中して走れるようになった。1800メートルでも大丈夫」と期待を込めた。

 ダービー5着のアプレザンレーヴを筆頭に18頭中13頭が勝ち上がっている池江郎厩舎の3歳牡馬勢。惜敗が続いたヤマニンウイスカーも1000万を楽勝し、菊へ大きく前進した。3頭の走り次第では菊5頭出しも夢ではなさそう。上位独占で菊花賞への手駒を増やすか。

最終更新:7月1日8時1分

競馬情報 ラジオNIKKEI賞
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。